/

この記事は会員限定です

皇位安定継承、結論先送りはできない

[有料会員限定]

2017年6月に天皇の退位特例法が国会で成立した際、「安定的な皇位継承を確保するための諸課題」と「女性宮家の創設等」は先延ばしすることができない重要課題とする付帯決議がなされた。そして法施行後、すなわち天皇の退位後は政府には速やかに検討を行い、その結果を国会に報告することを求めた。

しかし、退位からまもなく2年。先延ばしできない課題の検討が先延ばしされてきた。

国会軽視といわれても仕方がない。憲法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り402文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン