/

漫画原作者に執行猶予判決 強制わいせつ罪、東京地裁

(更新)

東京都内の路上で女子中学生の胸を触ったとして、強制わいせつ罪に問われた漫画原作者、松木達哉被告(29)に、東京地裁は23日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

赤松亨太裁判官は判決理由で「非のない被害者を理不尽にもストレスのはけ口にした」と指摘。「年少の被害者が突然被害に遭って精神的な衝撃を受けており、犯行の影響は大きい」と述べた。

一方で、被告が医療機関を受診して再犯防止に努めていることなどを考慮し、執行猶予付き判決が相当だとした。

松木被告は集英社の週刊少年ジャンプに連載されていた漫画「アクタージュ」の原作者。逮捕後に連載は打ち切られた。

判決によると、6月18日、中野区の路上で女子中学生を自転車で追い抜く際、胸を触った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン