/

性指向暴露禁止条例を可決 三重、都道府県で初

三重県議会は23日の本会議で、性的指向や性自認を第三者に暴露する「アウティング」と、カミングアウトの強制を禁止する条例案を全会一致で可決した。条例の目的を「性の多様性を認め合う社会の実現」と位置付けた。施行は4月1日。アウティング禁止条例は東京都国立市などが施行しているが、都道府県レベルでは初。

国は昨年6月施行の女性活躍・ハラスメント規制法の指針でアウティングをパワハラと規定し、大企業に防止対策を義務付けた。ただ、職場以外に規制はない。三重県の条例制定を受け、他の自治体に影響が広がるかが注目される。

条例では目的を「性の多様性が理解され、多様な生き方を認め合う社会の実現に寄与すること」と明記した。性的指向や性自認に関し「本人の意に反して正当な理由なく暴露してはならない」「性的指向を理由とする不当な差別的取り扱いをしてはならない」と規定した。罰則規定はない。

県民や事業者に対し県の施策に協力するよう要請。県は職員を対象にアウティングに関する研修を行い、市町や学校、事業者にも実施に努めるよう求めた。

条例は、性的少数者への施策を重視する鈴木英敬知事が主導して策定した。三重県はLGBTなどのカップルを婚姻相当と認める「パートナーシップ制度」も9月に開始する予定。

2015年に国立市にある一橋大で、男子学生が同性愛者であることを同級生に暴露された後、校舎から転落死した事案を受け、アウティングを巡る問題意識が高まった経緯がある。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン