/

ビル地下で作業員2人死亡 二酸化炭素漏れか、東京

作業員2人が死亡したオフィスビルから出る東京消防庁の職員(右奥)ら(23日、東京都港区)=共同

23日午前11時15分ごろ、東京都港区西新橋にあるオフィスビルの地下1階駐車場で「点検中に誤って二酸化炭素が噴き出した」と119番があった。現場にいた男性3人が救急搬送され、うち消防設備の点検をしていた50歳と37歳の作業員2人が死亡した。もう1人の警備員(47)は命に別条はないという。

警視庁愛宕署によると、この日は午前10時半ごろから作業員6人が、地下1階と地下2階に分かれて消防設備を点検。地下2階にいた作業員が異臭に気付き、地下1階の警備員がぐったりしているのを見つけた。亡くなった2人の死因は二酸化炭素中毒とみられる。

点検していた設備は、火災時に室内に二酸化炭素を放出して消火するための装置。同署は誤って二酸化炭素が漏れたとみて、当時の状況を詳しく調べる。

現場は都営地下鉄三田線内幸町駅近くのオフィス街。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン