/

関東甲信、24日にかけ平野部も大雪か

前線や低気圧の影響で関東甲信は23日夕から24日にかけて、平野部も含めて広い範囲で大雪になる恐れがあり、気象庁が大雪や路面凍結による交通障害などに警戒するよう呼びかけている。

気象庁によると、23日は日本の南に前線が停滞、24日に前線上の低気圧が関東の南海上を東へ進むという。24日午前6時までの24時間予想降雪量はいずれも多い所で、甲信と関東北部山沿いで20センチ、関東北部平野部で10センチ、関東南部平野部と東京23区で5センチ。

その後、25日午前6時までの24時間予想降雪量は、甲信20~40センチ、関東北部山沿い5~10センチ、関東北部・南部平野部と東京23区で1~5センチ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン