/

この記事は会員限定です

コロナ変異種、感染急増の兆し 日本も監視強化急務

米「2カ月以内で主流に」

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの変異種の拡大が止まらない。各国は検査の徹底など警戒を強めている。市中感染の疑い例が報告された日本でも、感染者をいち早く見つけ出す監視体制を築く必要がある。公衆衛生の対策を強化し、ワクチン接種を速やかに進めることが欠かせない。

世界保健機関(WHO)の19日時点の報告では、英国型は世界60カ国・地域で確認され、12日時点から10カ国・地域増えた。南アフリカ型は23カ国・地域で確認...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1138文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン