/

河井元法相、買収一転認める 公判で議員辞職表明

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
東京地裁に入る元法相の衆院議員河井克行被告(23日午前)=共同

2019年7月の参院選を巡り、公職選挙法違反(買収など)罪に問われた元法相の河井克行被告(58)の公判が23日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれた。元法相は被告人質問で「全体的に選挙買収罪を争うことはしない」と述べ、起訴内容のうち地元議員らへの買収行為を認めたうえで「衆院議員を辞することとしました」と議員辞職の意向を表明した。

これまでの公判で、元法相は買収の趣旨を否認し、無罪を主張していた。公判では現金を受け取った地元議員らの多くが「集票依頼だと思った」などと買収の趣旨で受領した経緯を認めており、元法相がどう説明するか注目されていた。

元法相は弁護側の被告人質問で、起訴内容のうち地元議員らへの提供について「買収を争うことはしない」と述べた。一方、一部の関係者については「差し上げた金は選挙買収に当たらない」と主張した。

この日の公判は午前10時から始まり、証拠調べに続いて弁護側の被告人質問が実施された。被告人質問は4月上旬まで予定されている。

元法相は20年8月の初公判で、地元議員らへの現金提供を大筋で認める一方、「選挙運動を依頼する趣旨ではない」と買収の趣旨を否認し、無罪を主張した。同10月、妻の案里前参院議員(47)=有罪確定=の裁判の証人尋問で出廷した際は「必要なことは自分自身の裁判で話したい」とほぼ証言を拒んだ。

元法相の公判であった証人尋問や供述調書の読み上げでは、計約2900万円の現金が配られたとされる100人のうち、94人が投票の取りまとめの趣旨を認めた。残る6人は「当選祝いだと思った」と買収の意図を否定したり、「現金を受け取ったか記憶がない」などと曖昧な説明をしたりした。

克行元法相は20年6月の逮捕後、東京拘置所に勾留されていたが、東京地裁は今月3日に保釈を認めた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン