/

NZ地震10年 現地と富山で追悼式

留学中の生徒12人が死亡した富山外国語専門学校で開かれた追悼式で献花台に一礼する遺族(22日午前、富山市)=共同

日本人28人を含む185人が犠牲になった2011年2月のニュージーランド地震は、22日、発生から10年となった。被災地クライストチャーチと、留学中の生徒12人が死亡した富山市の富山外国語専門学校で、遺族らが参列して追悼式が開かれ、発生時刻の午前8時51分(日本時間)に黙とうし、犠牲者を悼んだ。

新型コロナウイルス感染症の影響で出入国が制限され、例年は現地入りしている日本人遺族が渡航を断念。国内各地の遺族は墓参りしたり同校の式に出席したりした。

11年の地震では、市中心部のビルが倒壊し、同校の生徒を含む日本人28人が死亡した。設計などの欠陥が明らかになり、警察が捜査したが、立件を断念した。

富山外国語専門学校の追悼式で上田為久校長は「10年を迎えた今、皆さんを失った悲しみと、言葉に表せない無念さが改めて胸にこみ上げる」とあいさつした。

クライストチャーチ市での追悼式にはアーダーン首相も参列。ダルジール市長は「私たちはこの悲劇を通じて永遠につながっている」と述べ、日本人遺族に配慮を示した。

同校の生徒、堀田めぐみさん(当時19)を亡くした父、和夫さん(66)=富山市=は追悼式後、「どこにいてもつらいし、悲しい。ビル倒壊の法的責任は残された私たちが追及していかなければ。娘たちの無念を思い、正義を胸に刻み頑張る」と話した。

クライストチャーチの復興は、コンベンションセンターが完成間近となるなど、大型開発が進んでいる。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン