/

この記事は会員限定です

繁華街、店時短で「路上飲み」も 接触減なお課題

(更新) [有料会員限定]

政府が2度目となる緊急事態宣言を出し二週間が過ぎた。スマートフォンなどの位置情報データで主要な繁華街の夜の人出をみると、宣言再発令以降は減少に向かっているものの、昨春の前回宣言時よりは多い傾向にある。開けている店に人が密集するケースがあるほか、「路上飲み」をする若者もみられ、人と人の接触を減らすことが依然課題だ。

都は担当者の目視に基づき、新宿や渋谷などの飲食店約2千店のうち、95%が午後8時まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1147文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン