/

この記事は会員限定です

司法取引巡る証言「慎重な判断必要」 東京地裁

[有料会員限定]

アパレル会社の資金を着服したとして業務上横領罪に問われた元代表取締役ら2人の判決公判で、東京地裁は22日、検察と司法取引した実行役とされる人物の証言について「相当慎重な姿勢で信用性を判断する必要があり、極力、判断材料に用いない」と述べた。客観証拠などに基づき2被告は有罪とした。

判決によると、業務上横領罪で有罪となったアパレル会社「GLADHAND」(東京・渋谷)の元代表取締役ら2人は同社の売上金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン