/

この記事は会員限定です

コロナ下で遠隔授業受けた子、日本は最下位 民間調査

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で登校できなかった昨年春から夏の間にオンラインによる遠隔授業を受けた子どもの割合が日本は9.6%だったことが、個別指導塾運営のスプリックスの調査で分かった。

調査対象の米欧やアジア11カ国中最下位で、教育現場でのデジタル活用の遅れが改めて浮かんだ。

調査は2020年8~9月、日本・米国・中国・インド・英国・フランス・ポーランド・タイ・インドネシア・マレーシア・ミャンマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り696文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン