/

この記事は会員限定です

あの頃、もう虚構だった ホームドラマの「伝統的家族」

Discover 70's

[有料会員限定]

「東京バンドワゴン」シリーズで知られる小説家の小路幸也(59)は、中学生のときの一本のテレビドラマが忘れられない。1974年、北海道旭川市の社宅の一軒家。毎週水曜夜、床の間に鎮座した家具調テレビを両親と姉2人と囲んだ。

頑固な父親がちゃぶ台をひっくり返し、息子との取っ組み合いを家族が止める――。演出久世光彦、脚本向田邦子の「寺内貫太郎一家」は70年代に全盛を迎えたホームドラマのひとつの頂点だ。放送...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1494文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン