/

核廃絶の願いつなぐ動画 高校生平和大使が発信

 平和のメッセージをつないでいく動画について記者会見する「高校生平和大使」ら(21日、長崎市役所)=共同

国内外で核兵器廃絶を訴える「高校生平和大使」は24日までに、高校生らがスケッチブックに書いた平和のメッセージを次々とつないでいく動画をユーチューブに公開した。核兵器禁止条約発効に合わせた取り組みで、条約を知らない同世代にアピールし、核問題を身近に感じてもらう狙いがある。

タイトルは「ピースブックリレー」。被爆したクスノキをテーマにした長崎市出身の歌手、福山雅治さんの楽曲「クスノキ」をBGMに、広島や長崎をはじめ、北海道、福島、大阪、熊本など各地の高校生が「核兵器の問題は"超"自分事」「若い世代も声をあげよう」などとするメッセージを書いたスケッチブックを掲げ、核廃絶を訴えた。

韓国や米ハワイの高校生も含め約120人が参加。動画編集を担当した平和大使の鎮西学院高(長崎県諫早市)2年の大沢新之介さんは「核問題について少しでも考えてもらえるきっかけになれば」と期待している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン