/

仙台と一ノ関間で運転再開 東北新幹線、地震から復旧

(更新)
JR仙台駅を出発する、仙台―一ノ関間で運転を再開した東北新幹線(22日午前)=共同

福島、宮城両県で震度6強を観測した13日の地震により一部区間で運転を見合わせていた東北新幹線は22日、仙台―一ノ関(岩手県)間で運転を再開した。JR東日本は22日、全線復旧して運転を再開する24日以降の臨時ダイヤを発表。当面の間、運行本数が通常の8割程度となる。

残る那須塩原(栃木県)―仙台間も24日に開通する予定。全線復旧で山形、秋田両新幹線は東京駅との直通運転を再開する。一部で速度を落として運行する影響で、北海道新幹線は東京駅との直通運転をせず、ほとんどが新青森駅で折り返す。

22日の仙台駅の新幹線改札口には、午前6時半すぎから通勤客らが姿を見せた。新幹線通勤する宮城県登米市の会社員、猪股栄治さん(59)は運転見合わせ以降、高速バスやテレワークの利用でしのいでいたという。「通勤時間が短くなりありがたい。日常が少し戻って、安心した」と笑顔で話した。

JR東日本によると、地震による電柱の破損や高架橋の損傷が判明し、那須塩原―盛岡間で運休。一ノ関―盛岡間は16日に再開していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン