/

この記事は会員限定です

五輪・パラ待つホストタウン、オンラインで交流つなぐ

[有料会員限定]

東京五輪の開幕まで4日で200日。五輪・パラリンピックの参加国・地域を受け入れるホストタウンの自治体では、海外の選手や子どもらとのオンライン交流会が広がっている。新型コロナウイルスの収束は見通せず、制約の多い生活が続くなか、子どもたちの目を世界に向ける機会となっている。

「どんな練習をしていますか」。栃木県那須塩原市の市立埼玉小学校で2020年12月18日、教室のモニターに映るパラ自転車競技のオー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン