/

リニア談合、大林・清水に課徴金43億円 公取委

リニア中央新幹線の建設工事を巡る談合事件で、公正取引委員会は22日、大手ゼネコン4社の独占禁止法違反(不当な取引制限)を認定、4社に再発防止に向けた排除措置命令を出し、うち工事を受注した大林組清水建設に総額約43億円の課徴金納付を命じた。

排除措置命令を受けたのは大林組、清水建設、大成建設鹿島の4社。課徴金は大林組が約31億円、清水建設は約12億円だった。

公取委によると、4社は遅くとも2015年2月以降に、品川駅と名古屋駅の工事について受注調整することで合意。受注予定業者を決めて見積価格に関する情報を連絡するなど競争を制限したとされる。

両駅の工事は大林組と清水建設が受注した。両社は独禁法の課徴金減免(リーニエンシー)制度に基づき、公取委に不正を自主申告したため、課徴金額は3割減額された。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません