/

JAL・ANA32機運航停止 米旅客機部品落下で国交省指示

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
20日、米コロラド州デンバー近郊に落下した旅客機の部品(ブルームフィールド警察提供、AP)

米西部コロラド州デンバーの空港を離陸した直後のユナイテッド航空ボーイング777のエンジントラブルを受け、国土交通省は21日、安全確保のため同系列のエンジンを搭載する日本航空の13機と全日本空輸の19機を運航停止するよう指示した。

両社は代替機で運航し、22日の欠航は予定していない。日航と全日空は21日、国交省の指示に先立って運航を止めていた。この影響で日航の那覇発羽田行き1便が欠航した。

国交省によると、昨年12月4日にエンジントラブルが発生した那覇発羽田行き日航904便ボーイング777も同型のエンジンを搭載している。これまでに点検強化を指示していたが、追加対策を検討する間、運航停止が必要と判断した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン