/

この記事は会員限定です

司法試験1450人合格 政府目標「1500人」初めて下回る

(更新) [有料会員限定]

法務省は20日、2020年の司法試験に1450人が合格したと発表した。19年より52人少なく、政府目標の「1500人以上」を初めて下回った。同省は「裁判官や検察官、弁護士になるに当たり、必要な学識を有するかを適正に判定した結果」と説明するが、受験者数の減少傾向も続いており「法曹離れ」に歯止めがかかっていない。

20年の試験は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で実施時期を5月から8月に延期。合格発表...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り962文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン