/

「忍耐の先、明るい将来心待ちに」 天皇陛下61歳に

(更新)

天皇陛下は23日、61歳の誕生日を迎えられた。これに先立つ記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を案じ「痛みを分かち合い、協力し合いながら、コロナ禍を忍耐強く乗り越える先に、明るい将来が開けることを心待ちにしています」と述べられた。

陛下は会見で、改めて医療従事者らに対し「心からの感謝の気持ちを伝えたいと思います」と謝意を表し、新型コロナへの対応に当たる多くの関係者について「国民の間で感謝の念を広く共有することができた一年となった」と述べられた。

新型コロナの影響で天皇、皇后両陛下の活動にも大きな制約が生じた。この1年の地方訪問はゼロ。即位から間もないにもかかわらず、国民との交流の機会を欠く状況になっている。

陛下は「多くの国民の皆さんと直接触れ合うことが極めて難しくなっていることを残念に思っている」とし、「今自分ができることは一体何なんだろうかということを、常に考えながら日々を過ごしてきた」と説明。そんな中で取り組んだオンラインでの活動を「新たな可能性を見いだせたことは大きな発見」と評価された。

61歳の誕生日を迎えた天皇陛下と皇后さま(赤坂御所)=宮内庁提供

秋篠宮家の長女、眞子さまの結婚問題では、秋篠宮さまが昨年の記者会見で「結婚することを認める」としつつ「(対応が)見える形になるというのは必要なことではないか」と述べられている。陛下は「国民の間にさまざまな意見があることは承知している」とした上で「秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」と言及された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン