/

「柿安本店」で情報漏えいか カード1293件

百貨店の総菜店などを展開する柿安本店(三重県桑名市)は20日までに、運営するオンラインショップが不正アクセスを受け、1293件のクレジットカード情報が漏えいし、一部は不正利用された可能性があると明らかにした。

同社ホームページに掲載した文書によると、昨年10月、カード会社から顧客のカード情報漏えいの疑いがあると指摘を受け、オンラインショップのカード決済を停止し、調査を開始。その結果、昨年4月29日~9月30日のオンラインショップ利用者のカード情報が漏えいした可能性があると分かった。

カードの番号のほか名義人、有効期限、セキュリティーコードが流出した恐れがある。該当する利用者には文書で個別に連絡する。警視庁に昨年12月に被害申告したとしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン