/

「ドコモ口座」1100万円不正決済か、購入役5人逮捕

NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を悪用した不正出金事件で、警視庁などは19日、他人の銀行口座からチャージ(入金)した電子マネーで商品を購入するなどした中国籍の男女5人を逮捕した。5人の不正決済の総額は1100万円に上る疑いがある。一連の事件を巡る逮捕者は初めて。

5人は不正にチャージされたドコモ口座の残高を使って商品を購入する「買い子」とみられる。警察は組織的な犯罪グループが関わったとみて指示役らの捜査を進める。

警視庁が電子計算機使用詐欺容疑で逮捕したのは中国人留学生の斉好男容疑者(23)=東京都練馬区=ら男女2人。昨年8~9月、他人の名義でドコモ口座のアカウントを開設し銀行口座とひもづけ、計約70万円を不正にチャージした疑い。いずれも容疑を否認している。

これとは別に、埼玉県警などの合同捜査本部はコンビニエンスストアや家電量販店で加熱式たばこやタブレット端末を計約44万円分不正に購入したとして、中国籍の男女3人を私電磁的記録不正作出・同供用と詐欺の疑いで逮捕した。

捜査本部などによると、今回逮捕した5人は都内や埼玉県内で、他人の銀行口座からチャージされたドコモ口座の電子マネー「d払い」で計約1100万円分の不正な購入をしていたとみられる。

ドコモ口座はアカウント開設や銀行口座との連携の際に本人確認が甘かった仕組みを突かれ、昨年9月以降、他人になりすました不正利用が相次ぎ発覚。電子マネーとして商品購入に悪用される被害が確認されており、全国の警察が捜査を進めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン