/

この記事は会員限定です

コロナ下の大学入試、苦悩の2カ月 大学の判断分かれる

[有料会員限定]

緊急事態宣言下の大学入試が山場を迎えている。約2カ月前から感染対策や時間割を見直して個別試験の実施にこぎつけた大学がある一方、悩んだ末に中止を決めたケースも出るなど判断は分かれた。新型コロナウイルスが突きつけた感染症のリスク。受験生が直面した異例の環境は、入試の時期を巡る議論にも一石を投じそうだ。

25日午前11時すぎ、東京都府中市の東京外国語大のキャンパスに、参考書や受験票を手にしたマスク姿の受...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1256文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン