/

この記事は会員限定です

「副業1つ」はもう古い 全部入りマルチワーカー活躍

働き方innovation 一つの仕事で満足ですか(6)

[有料会員限定]

主と副の2つという形の副業にとどまらず、多くの仕事を並行して手掛ける「マルチワーカー」が活躍している。バランス感覚が求められる一方で、1つの仕事の人脈を別の仕事に生かすなどの好循環が、高い評価につながるケースもある。収入増やスキル向上のほか、リスク分散の効果も見込めそうだ。

「レストランのビュッフェのように、仕事でも好きなものをいくつも選んでいいはず」。人材大手のパーソルキャリア(東京・千代田)に勤める正能茉優さん(29)は、新規事業企画に取り組む傍ら、会社経営と大学教員の顔も持つマルチワーカーだ。会社員生活と同時に複数の仕事を並行させる働き方を、新卒時の2014年から続けている。

パーソルキャリアでは平日週5日、原則午前9時から午後6時の時間帯を中心に、他の社員と同様に働く。同時に、学生時代に起業した地方産品のプロデュースなどを手掛ける「ハピキラFACTORY」社長と、慶応大大学院特任助教という別の2つの顔も持つ。

経営者と大学教員の仕事には、会社員としての就業時間の前後や週末、昼休みやタクシーでの移動時間などを駆使して取り組む。パーソルキャリアの同僚とは、ハピキラ社や大学を含めた全ての仕事の予定を共有。隙間時間で打ち合わせるなど効率化を図っている。早朝から稼働し「基本的に昼は休まない」というほど多忙だが、一方で友人と会ったり映画を見たりと、プライベートも必ず予定に組み込みながらバランスを取ってきた。

そんな働き方の契機は、11年の東日本大震災だ。当時は学生だっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン