/

川淵氏「良かった」 橋本新会長就任で談話

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の橋本聖子新会長就任を受け、組織委評議員の川淵三郎・元日本サッカー協会会長が18日、同協会を通じ「評議員会では満場一致で橋本聖子さんの理事選任が決まった。誰もが望む人が就任し、良かったと思う」と談話を出した。

女性蔑視発言で会長を辞任した森喜朗氏から後継指名を受けたが、不透明な経緯が批判されて辞退した。自身は選手村の村長として大会を支える意向で、「みんなで橋本新会長をもり立て、協力し合いながら、国民に支持してもらえるよう東京五輪・パラリンピックの成功に向けて取り組んでほしい」と、組織委の今後にも期待した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン