/

上皇さま、87歳に コロナ禍案じる

仙洞仮御所で花を見る上皇ご夫妻(11月24日、東京都港区)=宮内庁提供

上皇さまは23日、87歳の誕生日を迎えられた。3月に仙洞仮御所(東京・港)に引っ越されて以降、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出機会は少なくなっている。宮内庁によると、上皇后さまとともにコロナ禍を案じながら仮御所で静かに過ごされているという。

宮内庁によると、上皇ご夫妻は新型コロナの流行で人々に大きな影響が出ていることを案じられている。上皇さまは日々の感染状況や約100年前に流行したスペイン風邪との違いなどを側近らに尋ね、高い関心を持たれているという。

ライフワークの魚類研究はコロナ禍でも継続。週に2回のペースで皇居・生物学研究所に通ってハゼの研究をされている。感染防止のため、研究所では職員の体制を縮小し、ウェブ会議システムを導入。南日本に生息するオキナワハゼ属の論文が完成に近づいているという。

11月には秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣(こうし)になられたことを示す「立皇嗣の礼」が行われ、ご夫妻は一連の代替わり行事が無事に終了したことに安堵されたという。

宮内庁は上皇さまの体調には特段問題はないと説明。高齢となり、昔の出来事などについて繰り返し質問することもあるが、上皇后さまが丁寧に答え、ご夫妻で笑いながらやりとりされているという。

新型コロナの感染拡大で国民生活が困難な状況になっているとして、今年は恒例の誕生日の祝賀行事は行われない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン