/

この記事は会員限定です

ゴーン元会長逃亡1年、苦い教訓 GPS監視の体制が課題

[有料会員限定]

日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(66)の不正出国を受け、保釈中の逃走防止に向けた議論が法制審議会(法相の諮問機関)で進んでいる。対策の柱のひとつは全地球測位システム(GPS)による居場所の捕捉だが、監視のための体制づくりが課題に浮上してきた。国内外が注目した逃亡劇から29日で1年。苦い経験を「人質司法」との批判払拭につなげる法曹関係者らの模索が続く。

ゴーン元会長は2019年12月29日、保釈条件に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1168文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン