/

この記事は会員限定です

照合5000万件、指紋の主はどこに 世田谷一家殺害20年

[有料会員限定]

指紋さえ合えば――。東京都世田谷区で2000年12月、会社員の宮沢みきおさん(当時44)一家4人が殺害された事件の解決につながる最大の手がかりは、現場に残された指紋だ。事件発生から30日で20年。警視庁がこれまでに照合した指紋は5千万件に上る。「指紋偏重」を省みる声もあるが、指紋の主を追う捜査は今も続いている。

事件現場の住宅1階にあったパソコン。4人を殺害した後に犯人が操作したとみられ、鑑識活動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン