/

関越道の立ち往生解消 大雪の新潟、通行再開へ

(更新)
夕暮れを迎えた関越自動車道の上り線で除雪作業をする作業員ら(18日午後、新潟県南魚沼市)=共同

今季最強の寒気による大雪で発生した新潟、群馬県境付近の関越自動車道の立ち往生は18日午後10時15分ごろ、解消した。東日本高速道路が明らかにした。発生から約52時間ぶり。除雪作業を続け、安全が確認され次第、通行止めを解除する。

東日本高速によると、立ち往生は16日午後6時ごろ始まり、上り線の塩沢石打サービスエリア付近で大型車が動けなくなった。上り線の小出インターチェンジ(IC)―塩沢石打ICの約30キロのうち、六日町IC(いずれも新潟)を挟んだ区間で18日まで続いていた。現在通行止めになっている小出IC―月夜野IC(群馬)の上下線を19日朝に再開させる方針。

上り線は自衛隊員を含む約700人で作業し、六日町ICなど5カ所から車を外へ誘導した。現場で作業した東日本高速の社員は「多くの協力で人命に関わるような事態にはならずほっとしている。本当にご迷惑をお掛けしました」と話した。

立ち往生は上下線で最大時約2100台に及んだ。東日本高速は18日午前7時時点で上り線に約70台が残されていると説明したが、その後撤回。正午に約千台を確認した。小畠徹社長は東京都内で記者会見し謝罪。「チェックが不十分だった」としている。

加藤勝信官房長官は記者会見で、東日本高速が立ち往生の規模を大幅修正したことを「正確な情報を把握せず、誠に遺憾だ」と述べた。

新潟県南魚沼市の消防によると18日午後6時時点で、立ち往生した車で待機中に体調不良などを訴えた30~60代の男女4人が病院に搬送された。県によると、現場に取り残された人たちをバスでホテルなどへ避難させる準備を進めたが、避難者はいなかったという。

新潟地方気象台によると、北陸地方上空に再び強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見込み。19~20日にかけて大雪による交通障害への注意を呼び掛けている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン