/

東大の赤門閉鎖、耐震性低く 国の重要文化財

東京大・本郷キャンパス(東京・文京)のシンボルで、国の重要文化財「赤門」が12日から閉鎖されていることが、大学への取材で分かった。耐震性の低さが理由で、解除の見通しは立っていない。

東大によると、赤門と両脇にある番所の耐震性の基礎診断を行ったところ、一部で耐震性能が低いとの結果が出た。今後、詳細な耐震診断をし、工事の必要性を判断する。

赤門は加賀藩上屋敷の門。1827年に藩主前田斉泰が、第11代将軍徳川家斉の娘を妻として迎え入れる際に建立された。現在は記念撮影スポットにもなっている。

25日から始まる2次試験前期日程では、受験生は例年、赤門ではなく正門を通って学内に入ることになっている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン