/

この記事は会員限定です

五輪総経費1.6兆円 最終予算、会場関連に1050億円追加

(更新) [有料会員限定]

2021年夏に延期された東京五輪・パラリンピックを巡り、大会前の最終となる予算計画が18日に判明した。延期に伴い大会経費は前回予算から2940億円増え、総額1兆6440億円で固まった。競技会場関係は1050億円、輸送など大会運営関係は1030億円それぞれ膨らむ。選手の検査体制構築など、新たに新型コロナウイルス対策費も計上する。

大会組織委員会が第5版の予算計画として22日に公表する。19年12月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り595文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン