/

この記事は会員限定です

経理の甘さ突く 博報堂DY系架空発注、営業優位も背景か

[有料会員限定]

博報堂DY系広告代理業のCM制作を巡る架空発注事件の捜査が続いている。元社員は約3年にわたり実態のない外注費を請求し、同社は共謀した取引先への支払いを漫然と繰り返していた。被害総額7億円超とされる事件で浮き彫りになったのは経理面のチェック体制の甘さ。リスク管理の専門家からは「事業部門優位」の傾向を背景とする見方も出ている。

詐欺容疑で3度逮捕された博報堂DYメディアパートナーズ(MP)の元社員、中島真毅容疑...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1244文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン