/

この記事は会員限定です

黒川氏を略式起訴 法務・検察、信頼回復どこまで

(更新) [有料会員限定]

黒川弘務・元東京高検検事長らの賭けマージャン問題は、東京地検が黒川氏を略式起訴し、公判が開かれないまま刑事手続きが終結する可能性が高くなった。検察・法務当局は定年延長問題を含め失墜した信頼の回復を急ぐが、略式起訴を選択した検察の判断に対して「早期幕引きを図った」という声も上がる。

検察審査会の議決を受け検察が不起訴の判断を覆すこと自体は珍しくはない。検察の起訴猶予処分に対して検察審が「起訴相当」か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン