/

この記事は会員限定です

迫る高齢者接種、自治体は手探り 優先施設や先着順 

(更新) [有料会員限定]

高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種開始が12日に迫るなか、自治体が接種の進め方を模索している。高齢者施設や75歳以上などを優先すると不満が出たり、先着順では申し込みが殺到して混乱したりするおそれがある。当初のワクチン供給量は限られる。自治体は順番付けの理由などをよく説明して住民の理解を得る必要がある。

「想像以上に反響が大きかった」。東京都内でも先行して高齢者向けの接種を実施する八...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1211文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン