/

この記事は会員限定です

コロナ医療、機器あれど医師おらず 効率的な体制不可欠

コロナ医療の病巣(2)

(更新) [有料会員限定]

機器があっても扱える医師がいない――。新型コロナウイルスの重症患者の治療に使う体外式膜型人工肺(ECMO=エクモ)は昨年2月時点で全国で1412台あったが同時に使えるのは300台程度。扱える専門知識と経験がある医師が少なかったからだ。

緊急事態宣言が発令された昨年4月、厚生労働省は緊急対策としてエクモの研修事業を盛り込んだ。日本集中治療医学会の専門医らでつくるグループ「エクモネット」が事業を担い、当面800台の同時稼働を可能にすべく人材育成を急いだ。今年2月までに研修を受けた医師などは約2千人を超えた。

だがエクモが3台ある東京都内の大病院の院長は「人手が足りず同時稼働できるのは2台が限界」と明かす。今なお機器があっても使えない病院は多い。

同ネットの竹田晋浩代表は「1台のエクモを動かすのに多くの医師などが必要。とても800台同時に使える状態ではない」と首を振る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1400文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン