/

この記事は会員限定です

年末年始、孤立させない 民間団体が困窮者支援

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で職を失うなどした人は、年末年始にさらに生活が困窮する恐れがある。行政の窓口が閉まり頼る先が乏しくなるなか、どうサポートするか。民間団体などは臨時で食料配布や相談の場を開催。支援者は「困っている人が寒さをしのぎ、命を守れるようにしたい」と話す。

「食費もない。年が越せるのかな」。19日、日比谷公園(東京・千代田)で民間団体が困窮者向けに開いた相談会。疲れ切った表情でさいたま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り790文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン