/

この記事は会員限定です

同性婚 認めないのは違憲、初判断「差別に当たる」

[有料会員限定]

同性婚の法的取り扱いが争われた訴訟の判決で、札幌地裁(武部知子裁判長)は17日、同性婚を認めていない民法などの規定が法の下の平等を定めた憲法に違反する、と初めて判断した。同性カップルに婚姻の法的保護が与えられない現状を「差別に当たる」と明示しており、婚姻のあり方を巡る議論に一定の影響を与えそうだ。

法律婚ができない同性カップルを巡っては、パートナーの法定相続人になれない▽遺族年金が受給できない▽緊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1342文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン