/

この記事は会員限定です

組織委会長、橋本五輪相で最終調整 18日午前に検討委

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は18日昼前に、辞任を表明した森喜朗会長の後任を選ぶ「候補者検討委員会」(座長・御手洗冨士夫組織委名誉会長)の第3回会合を開く。17日に後任候補を橋本聖子五輪相に一本化し最終調整を続けており、橋本氏が受諾すれば18日午後に開く理事会で正式に新会長に選出する運びだ。

橋本氏は18日朝、内閣府で記者団に「検討委の過程ですから。申し上げられません」と述べるにとどめた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り707文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン