/

本社香港法人に不正アクセス 1644件の情報流出か

日本経済新聞社は17日、海外現地法人の日経中国(香港)社と日経香港支局で使っているメールアカウントの一部が不正アクセスされ、顧客の氏名などの個人情報が流出した疑いがあると発表した。中国社は香港の個人情報保護当局に被害を報告した。

不正アクセスは2020年10月から始まっていたとみられる。流出した疑いがあるのは、日本経済新聞国際版や電子版、Nikkei Asiaを中国社と契約している海外顧客などの個人情報1644件。氏名やメールアドレス、会社名、住所、電話番号などで、法人顧客のクレジットカード情報24件も含まれる。

香港支局へのニュースリリースなどの送信元の情報も流出した疑いがある。日本国内の顧客情報は流出していない。

日本経済新聞社広報室は「多くの関係先にご迷惑とご心配をおかけしたことをおわびします。個人情報の管理を徹底し再発防止に努めます」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン