/

この記事は会員限定です

企業・投資家のマネー、社会変える力に 小野塚恵美氏

パクスなき世界 カタリスト投資顧問副社長

[有料会員限定]

新型コロナウイルスがもたらした危機は企業に、倫理や社会的責任を問いかけた。利潤の追求を前提としてきた資本主義は変わるのか。資産運用業務に携わり、企業のESG(環境・社会・ガバナンス)投資に詳しい小野塚恵美・カタリスト投資顧問副社長に聞いた。

――コロナ禍で企業や投資家は変化しましたか。

「ESG重視は近年の流れだったが、新型コロナという緊急事態でようやく企業が『自分ごと』と捉えるようになった。特に『S』に当たる人材に注目が高まり、企業のトップもテレワークやデジタル化で社員の働き方を変えると宣言した」

「投資家の動きも画期的だった。2020年春の感染第1波で、財務の健全性より従業員の安全や福利厚生を優先するよう求めた。働く人を大切にする意識が強まった」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1396文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

パクスなき世界

新型コロナウイルスの危機は世界の矛盾をあぶり出し、変化を加速した。古代ローマの平和と秩序の女神「パクス」は消え、価値観の再構築が問われている。「パクスなき世界」では、どんな明日をつくるかを考えていく。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン