/

この記事は会員限定です

少子化・デジタル対応必須 コロナで浮かんだ入試の課題

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で11都府県に緊急事態宣言が出される中、大学入学共通テストが行われた。大学入試センターによると受験者数は外国語で47万人、運営に携わった大学教職員らは2日間で延べ18万人規模に上る。

「(体調不良者が対象の)別室受験の監督は緊張した」「2月には各大学の個別試験もある。職員が疲弊してしまう」。大学関係者からはこんな声が聞かれた。

真冬にこれだけの大規模一斉試験をする国はあまりない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り760文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン