/

関越道、大雪で車1000台立ち往生 上信越道は200台

(更新)
関越自動車道で立ち往生する車の列(17日朝、新潟県南魚沼市)=東日本高速道路のライブカメラから、共同

今季最強の寒気が上空に流れ込んだ影響で、日本海側を中心に大雪となり、新潟、群馬県境の関越自動車道では16日夜から交通障害が起こり、17日午前の時点で約千台の車が立ち往生した。東日本高速道路によると、下り線で16.5キロ、上り線で15キロにわたり車が一時動けなくなった。長野県境付近の上信越自動車道でも約200台が一時立ち往生した。車中に閉じ込められたドライバーには、高速道路の職員が水やパンなどの食料、簡易トイレを配布した。

政府は17日、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置。警察庁も災害警備本部を設けた。同庁は、部隊の派遣地域の判断に活用するため、ホームページの「災害情報投稿サイト」に被害状況の写真や動画を投稿するよう呼び掛けた。

気象庁によると、17日午前8時時点の新潟県内の積雪量は、魚沼市で88センチ、湯沢町で181センチ、妙高市で95センチ。冬型の気圧は17日午後にいったん緩むが、18日夜から19日にかけて再び強まる見込み。

新潟県警高速隊や東日本高速によると、関越道では16日午後5時50分ごろ、同県南魚沼市の塩沢石打インターチェンジ(IC)付近の上り線で車が雪にはまり、午後9時ごろには近くで大型トレーラーが動けなくなった。下り線でも午後10時ごろ、湯沢IC(新潟)と関越トンネルとの間で車が動けなくなった。

車の流れがストップした後も降雪が続いたため、走行できない区間は拡大。月夜野IC(群馬)から湯沢ICの下り線、塩沢石打ICから六日町IC(新潟)の上り線で、多数の車両が動けなくなった。湯沢IC付近では500台、塩沢石打サービスエリア付近では約450台が立ち往生している。

30代女性は六日町IC付近から病院に搬送された。高速道路の職員が、車中に閉じ込められたドライバーに水や食料、簡易トイレを配布した。

上信越道でも16日夜、中郷IC―妙高高原IC付近で大型車両が道をふさぎ、最大約300台が渋滞。17日朝の時点でも約200台が立ち往生した。東日本高速によると、立ち往生は17日午前10時ごろ解消した。

国土交通省北陸地方整備局によると、関越道の交通障害の影響で、湯沢IC付近の国道17号でも渋滞が発生している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン