/

この記事は会員限定です

調布陥没、以前から異変 専門家「工事と因果関係」推測

(更新) [有料会員限定]

東京外郭環状道路(外環道)のトンネル工事直後に東京都調布市で発生していた地表の沈下と隆起。周辺では10月に道路陥没が起こる前から「川に気泡が出る」などの異変が確認されていた。衛星データを見た専門家は「工事が原因でないと言い切るのは難しい」と話す。

「家全体が揺れ、一日中ドンドンという雷のような音を感じた」。調布市東つつじケ丘2の道路陥没現場から自宅が10メートルほどという女性が話す。掘削機が地下を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1341文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン