/

日本海側は暴風雪警戒を 冬型の気圧配置強まる

発達した低気圧が停滞し、冬型の気圧配置が強まる影響で、北日本から西日本では非常に強い風が吹き、18日にかけて日本海側を中心に大雪となる地域がありそうだ。気象庁は16日、暴風雪や吹きだまりによる交通障害、暴風、高波に厳重な警戒を呼び掛けた。

気象庁によると、発達した低気圧は北海道の北側上空でほとんど停滞。日本の上空に強い寒気が流入し、18日にかけて冬型の気圧配置が強まるという。

17日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道28メートル(40メートル)、東北25メートル(35メートル)、関東甲信、近畿、中国23メートル(35メートル)、北陸、九州南部22メートル(35メートル)、東海、四国、九州北部20メートル(30メートル)。波の高さは北海道、東北8メートル、北陸7メートル、伊豆諸島、東海、近畿、中国、九州北部、九州南部・奄美5メートル。

同日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い地域で北陸70センチ、東北60センチ、北海道、東海50センチ、関東甲信、近畿、中国40センチ、四国、九州北部20センチ。その後も雪は降り続ける見込み。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン