/

この記事は会員限定です

「交通弱者」住民が送迎 復興目指す福島・大熊町の実験

[有料会員限定]

東日本大震災から間もなく10年。長らく全町避難を余儀なくされた福島県大熊町が、住民ら有志による自家用車での輸送サービスの実証実験を始めた。高齢者の「足」に育てて町に帰還を促し、東京電力福島第1原子力発電所事故で離散したコミュニティーを再構築する狙いもある。ドライバー確保など課題は多いが、実用化を模索する。(村田篤史)

「36度1分。大丈夫ですね」。昨年12月11日午前、町南部の大川原地区。山あいの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1607文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン