/

この記事は会員限定です

元農相、手術・高齢で逮捕見送り 異例の幕引き

鶏卵汚職 癒着の構図㊦

(更新) [有料会員限定]

東京地検特捜部の幹部は吉川貴盛元農相らの在宅起訴を発表した15日午後、身柄拘束を見送った理由について「証拠に鑑みて逮捕の必要性を客観的に判断した」と説明した。閣僚の汚職事件を解明する大がかりな捜査は一人の逮捕者も出ない〝異例〟の形で幕を閉じた。

河井克行元法相の公職選挙法違反事件が端緒となった一連の捜査。特捜部などは2020年7月、関係先として広島県のアキタフーズ本社を家宅捜索し、元法相を支援して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン