/

共通テスト初日、暴風雪で中止 北海道・稚内

大学入試センターは16日、北海道稚内市の大学入学共通テストの会場で、悪天候のため1日目の試験を中止したと発表した。試験日の全科目が中止となるのは、1979年に始まった共通1次試験や大学入試センター試験を含めて初めて。

中止となったのは稚内北星学園大での試験で、73人が受ける予定だった。一部の受験生はすでに会場に来ていたが、暴風雪警報が出ており、安全を優先したという。受験生は30日に実施される第2日程の1日目に再試験を受ける。

センターによると、17日の試験は予定通り実施できる見込みだという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン