/

この記事は会員限定です

ウクライナからの避難者支援 一人ひとりに向き合う重み

[有料会員限定]

6月9日夕、ウクライナから避難してきた家族が大分県日田市の焼鳥店「一幸」ののれんをくぐった。

「少しでも楽しいひとときを」。店主の杉野郁子さん(62)がデムチェンコ・ジュリアさん(35)、妹のボンダレンコ・イリナさん(34)、その子どもたちや母のスベタラーナさん(58)ら6人を招待した。

日々の暮らしを支援しているのはNPO法人「リエラ」。代表理事の松永鎌矢さん(32)らスタッフ4人も団欒(だん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り928文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン