/

ワクチン調査300万回分 厚労省、副作用追跡

厚生労働省は15日、新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、計300万回分の接種後の健康状態をアンケートで調べる方針を決めた。同日開かれた専門家会合で了承された。4月1日以降に65歳以上の高齢者への接種が始まった後、協力者を募る。承認された米製薬大手ファイザー製を含めた3種類のワクチンを想定しており、比較的多い発熱や体のだるさといった副作用を追跡する。

ファイザー製のワクチンは、2月17日から東京都内の病院などで安全性の確認を目的とした、医療従事者1万~2万人への先行接種が始まる。ワクチンが原因かどうかにかかわらず、接種後に生じる副作用などの情報を集めて定期的に公表する。一般住民向けの本格的な接種が始まった後は、アンケートで集まった安全性に関わる情報を発信していく。

アンケートは、ワクチン1種類につき、接種1回当たり約50万人を対象とする予定。ファイザー製のほか、米モデルナと英アストラゼネカのワクチンも対象とする場合、それぞれ2回接種が必要なため計300万回分になる。協力してくれる人に接種当日、1週間後、2週間後の体調を答えてもらう。データは2週間ごとに集計する。

接種後4時間以内に起きた全身のアレルギー反応である「アナフィラキシー症状」や接種が原因とみられる重い症状は、医療機関から国に個別に報告を求める。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン