/

「ノマドランド」など候補 米アカデミー賞作品賞

米映画芸術科学アカデミーは15日、第93回アカデミー賞の候補を発表し、最も注目を集める作品賞候補に「ノマドランド」(クロエ・ジャオ監督)や「ミナリ」(リー・アイザック・チョン監督)、「Mank マンク」(デビッド・フィンチャー監督)など8作品が選ばれた。

「ノマドランド」は短期雇用職場を渡り歩く現代のノマド(遊牧民)の姿を描くロードムービー。主役のフランシス・マクドーマンドは主演女優賞候補になった。

「ミナリ」は1980年代の米国を舞台に韓国系移民一家の奮闘を映し出す。「Mank マンク」は名作「市民ケーン」の脚本家を主人公にしたドラマ。

発表・授賞式は4月25日(日本時間26日)にロサンゼルスで行われる。

作品賞候補になった他の5作品は次の通り。

「ファーザー」「ユダ・アンド・ザ・ブラック・メサイア」「プロミシング・ヤング・ウーマン」「サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ」「シカゴ7裁判」。(共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン