/

朝日放送社員に課徴金勧告、インサイダー取引疑い

東証1部上場の朝日放送(大阪市、現・朝日放送グループホールディングス)と映像制作会社「ディー・エル・イー」(東京・千代田)の株でインサイダー取引をしたとして、証券取引等監視委員会は15日、金融商品取引法違反の疑いで、朝日放送テレビ(同市)の50代男性社員と、知人の50代男性に課徴金計756万円を納付させるよう金融庁に勧告した。

監視委によると、社員は朝日放送勤務時、同社が会社分割で持ち株会社「朝日放送グループホールディングス」(朝日放送GHD)に移行するとの重要事実を知り、2017年2月8日の公表前に知人に伝達。知人は公表前後に同社株を売買し約4万5千円の利益を得た。

社員は持ち株会社移行後、グループ企業の朝日放送テレビ社員としてディー・エル・イーとの提携交渉業務に従事。同社が朝日放送GHDを引受先とした第三者割当増資をするとの重要事実を知り、19年5月10日の公表前に知人に伝えた。2人はそれぞれ、ディー・エル・イー株を公表前後に売買し約183万円ずつ利益を得た。

朝日放送GHDは「再発防止に向け社員教育を徹底する」とコメントした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン